読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自意識をひっぱたきたい

自分は異様に空気が読める人間だと思っていたけど、読んでいたのは過剰な自意識でした。

『自殺する人は弱い』はおかしい。

 

自殺する人は弱い - grshbの日記

 

を読みました。

 

とても違和感を感じました。

 

暇でやることが無いので、この記事の違和感を書いていきます。

 

始めにこんな言葉がある。

 

弱いでしょ、自殺する人。はっきり言って弱い。クソ弱い。

 

次に、自殺を選ぶ人は強いというコメントに言及しながらこう言っている。

 

自殺を図る時点で、死の恐怖と死の利得を秤にかけて後者が勝ってるわけで、死の恐怖はそもそも自殺をする時に打ち勝つべきものではない。

 

だから、自殺を決行する人が「強さ」をもってして死の恐怖に打ち勝ったなんてことは全くない。逆に言えば、id:Soregasiさんのように怖くて死ねなかったという人も、弱いから死ねなかったわけではない。この段階で強弱は関係ない。

 

自殺したい人は自殺することの方に価値を置いており、怖くて死ねない人は自殺に価値をおいていない。

 

自殺に対する価値意識がそれぞれ違うから、一様に強い/弱いでは語れないということだ。

 

とても納得できる意見だと思う。

 

つまり、その人の価値感によって強い弱いという判断は変わるので、どれかの価値観を特権化し、強い/弱いの判断を下すことはできないということだ。

 

その次はこう言っている。

 

冒頭の引用部分では、id:ornithさんは自殺は「弱さ」に起因するものではなく、成り行き上の偶然によるものだと述べている。ここはある程度わかる。自ら死を選びたくなるほどに大きなストレスを抱えてしまう人は運が悪かったということもあるだろう。だけど、そうした状況に陥ってしまうことが完全に運によるものだと言い切ることが出来るだろうか? 俺はそうは思わない。

 

完全に運とは言い切れないという。そうかもしれない。

 

でも完全に言い切れないと言っているだけで、運の要素があることを否定しているわけではない。

 

 

ここから自殺する人間は弱くて馬鹿だという話が続く。

 

自殺したくなる程どうしようもない状況に陥る前に、何かしら打つべき対策はいくらでもあると思うんですよ。逃げたければ逃げればいいし、逃げなくても環境を変えるために出来ることは沢山ある。でもそれをしなかったから、自殺なんて選択肢が浮かび上がってくるような状況に陥ってしまう。

誰がどう見ても、自分で自分の首を絞めているだけだ。出来ることがありながら何もしない。だから「自殺するしかない」と思い込むような状況に陥る。何もしないのも、何をするべきか分からないのも馬鹿だからだろう。分かっていても出来ないのは弱いからだ。そういう馬鹿で弱い人間だから、自殺なんてしようと考える。馬鹿でもないし弱くもないなら、そこまで追い詰められる前に何とかするだろう。

ついでに言うと、「自殺するしかない」というのも思い込みでしかない。今までに見てきた自殺のケースにおいて、自殺以外に手の打ちようがなかったケースなんてついぞ見たことがない。人間追い込まれるとまともに頭が働かなくなるのは仕方ないとして、そういう状況で少しでも頭を働かせることが出来るか否かの分水嶺は、やはりその人が強いか弱いかにあるだろう。

 

自殺をしたくなるような人は、自分で自分の首を絞めていることは重々承知していると思う。

 

それでも、その他の選択肢を見つけることができないのだ。

 

それにも拘わらず、少し考えれば選択肢を考えることができる人の立場から、自殺したくなる人を弱いと罵っている。

 

どの価値感を特権化するかによって強い/弱いという判断は変わるので、そういうことを考えずに、強い/弱いの判断を下すことに意味がないということを冒頭で指摘していたにも関わらず、ここでは選択肢を探せば見つけることのできる自分の立場を特権化することで、強い/弱いの判断をしてしまっているので、論理が一貫せずに破綻してしまっている。

 

 

次に運についてこう言っている。

 

自殺を試みた人や自殺したい人は、「お前がそんなことを言えるのは運が良いからだ」と思うのだろうか? 世の中の大半の人は自殺しないわけで、彼らが自殺しないのは運が良かったからだと言うのは少し無理があるだろう。生きていれば普通、誰だって不運な事態に巻き込まれることがある。それでも自殺なんてしないで済んでいるのは、そうした状況にその都度まともな対策を立ててきたからだ。それだけの強さがあったから生きていることが出来た。

 

世の中の大半の人は自殺しないから、自殺しないのは運がよかったからだというのは無理があるだろうと。

 

自殺しない人が多いのだから、運が良かったとは言えないと、数の多少に焦点を当てている。

 

でも運が良い悪いと、多数少数は全く関係がない。

 

4枚が当たりで1枚が外れの5枚のカードを5人の人が1枚ずつ無作為に引くとき、

 

4人が当たりを引いたんだから、当たりを引けたのは運がよかったからだということにはならない!

 

くらいに説得力が無い。

 

4人が当たりを引いたのは運でしかない。

 

だから、数の多少を持ち出すのは「お前がそんなことを言えるのは運が良いからだ」に対する反論に全くなっていない。

 

その他、引用してないところは、自分の立場を特権化して、自殺する人は弱いと言っているだけなので特別取り上げない。

 

違和感を言葉にしてみたけど、どこにも自殺する人は弱いということを説明できている箇所は無いのであった。

 

取り上げた記事の論理に従うと、『自殺する人は弱い』というのは全く成り立たないし、運論に対する反論も全く意味をなしていませんでした。

 

 

 

自殺することは止めなければならないことではないのかもしれない。

 

自分の友達や知人が自殺したら悲しい、くらいしか声をかけられることはないかもしれない。

 

絶対に解決しなければならないとは言えないし、解決する有効な手段もあると言えない。

 

でも、特に根拠もなく自殺する人は弱くてバカであるなどと不当な貶めをすることは、追い込まれている人をさらに追い込むので明らかにいけないと思う。