自意識をひっぱたきたい

自分は異様に空気が読める人間だと思っていたけど、読んでいたのは過剰な自意識でした。

自分の人生の現状を文章にしてきて、読み合い、話し合おうの会の提案

 自分の人生の現状を文章にしてきて、読み合い、話し合おうの会みたいなのをやりたいと突発的に思いました。

 

 個人的な動機としては、人の人生について聞くことは興味深いことなのに、コミュニケーションにおいて人の人生について聞いたり質問したりするのは非常にハードルが高いことに頭を悩ましているからです。それは自分の人生について打ち明ける相手や場が無いことと表裏一体であります。だからいっそのこと真面目にそういう場を作ってしまえばいいんじゃないかと思いました。

 

 そこで、上で挙げたような会を開きたいと思いました。条件は最低でも作文用紙1~2枚分くらい(書きたければそれ以上でも全然OK)、今自分が悩んでいる事、抱えている矛盾、これからやりたいこと、今やっているけど人の意見を聞いてみたいこと、その動機などなどを文章にしてくることです。手書きでもワープロでもよいです。それを参加人数分コピーして配り、書いた人が読み、それを聞いた人たちが何か質問やら意見を突っ込みながら会話していくという感じなことをしたいです。自分の人生を赤裸々に語り、それに対する質問や意見に応答するということは割とハードルが高いことだと思うので、そういったことに対する抵抗の小さい方に是非参加してもらいたいです。もちろん応えたくないことには応えなくてもいいような方法は考えておきます。

 

 要するに、少しだけ他人の人生を参考にしたり、質問したりされたりしながら、自分の人生について自分でしっかり文章にして考えていこうということです。

 

 人がくれば月1くらいで続けていこうと思います。場所は都内の山手線圏内だと思います。参加者がきたら具体的な場所を決めていこうと思います。

 

 多分この会の特徴になるであろうことを挙げておきます。

 

1、お金がかからないこと。(運賃やコピー代はかかります)(どっか有料の部屋を借りたら使用料とか折半になるかもしれません)

 

2、書いたものがしっかりと残るので、継続的にやっていけば他人だけではなく、過去の自分とも向き合うことができる。そこで過去の自分との言動の矛盾や心境の変化が可視化されます。普段は昔の自分のことなんて忘れてしまうので、そういう点をまた考えていくのが結構おもしろかったりすると思います。

 

3、わかりやすい優劣関係がないこと。教師ー子供、教授ー学生、親ー子、上司ー部下などのように、わかりやすい優劣関係は生じないと思います。人間同士の関係なので、優劣関係が全く生じないとは言えませんが。

 

4、ポジティブシンキングになりすぎない。なぜなら主催者がポジティブシンキングを母胎の中に置いて生まれてきたからです。

 

 適当な提案ではありますが、誰か興味を持ってくれる人が出て来たらもっと真剣に考えていこうと思うので、興味のある方はブログにあるメールアドレスか、ツイッターのリプライかDMで連絡ください。最初は会を作っていくことの相談もしていきたいと思うので、興味もあるし、そういった相談にのってもいいよ的な人が来てくれると助かります。できるとしても4月の半ば以降とかそんくらいだと思います。よろしくお願いします。